ブルーレイレコーダーのメーカー別特徴

ブルーレイレコーダーを選ぶ際、どこのメーカーが良いのかわからないという人に向け、

主要メーカー別の特徴を紹介したいと思います。

メーカーは色々とありますが、メーカーごとに売りとしている機能がありますので自分に合ったレコーダーを見つけましょう。

各メーカーと特徴について

大手テレビメーカーがほぼ上位を独占している状況なので、メーカー名を聞けばほとんどの方がわかるのではないでしょうか。

では主要メーカー4社に絞って紹介していきたいと思います。

  • パナソニック
  • 東芝
  • シャープ
  • ソニー

パナソニック

家電量販店では一番の売れ筋のメーカーです。

パナソニックと言うよりもディーガと言う言葉の方が有名かもしれません。

パナソニックのブランド名は『DIGA(ディーガ)』

非常にラインナップが多く、初心者の方でも簡単に使いこなせるのがディーガの良いところです。また高画質録画にも定評があるため、上位機種であればこだわりの高画質・高音質で楽しめます。

HDDの容量も500GB~7TBまでと豊富な種類があり、最上位モデルではチューナーが11個内蔵しているため全自動録画で丸二日間の番組が録画できます。

ライフスタイルに合った製品が見つけやすいのはパナソニックの良いところです。

東芝

東芝のブランド名は『REGZA(レグザ)』、パナソニックと同様に使いやすさでは定評があります。

東芝レグザで有名なのはタイムシフトマシン機能です。タイムマシン機能搭載モデルなら放送時間を気にすることなく、見たいときに番組表から選ぶだけです。

チューナーを7つ搭載しているので、すべてタイムマシン機能に置き換えれば最大3日分の全チャンネルを録画してくれます.

見たい番組を予約せずとも簡単に見れるのは、昔では考えられない非常に頼もしい機能です。また外付けのHDDを活用すれば最大で2週間分が可能となっています。

もう一つの大きな特徴として『時短機能』を搭載しています。

時短機能ではCMなどをカットしてくれたり、再生速度を早くしたりと通常よりも短縮して見れるため、効率よく番組を見れる機能です。

予約が面倒だけど後から色々番組を見たいという人や、仕事が忙しくて撮りためて見たいという人におすすめな製品となっています。

シャープ

テレビでも有名ですがシャープのブランド名は『AQUOS(アクオス)』

一番の特徴は『ドラ丸』機能です。

ドラ丸は新作のドラマを4週間撮りためてくれる機能です。4週間経過後は古い物から消去していくのでHDDの容量が一杯にならないようになっているのはうれしい機能です。

ドラマ好きの方にはもってこいの製品ですが、ドラマだけではなく他のジャンルの番組でも活用できるため非常に便利な機能となっています。

また録画番組を5分ごとに表示、気になるシーンから再生できるのは、かゆいところに手が届く便利な機能です。

ソニー

ソニーのブルーレイレコーダー製品にはブランド名はありませんが、ブルーレイレコーダーを世界初で発売した実績はさすがであり、ソニーの映像処理技術にも表れています。

ソニーの良いところは番組表などの画面が見やすいところです。実際に他のメーカーと比較しないとわからないですが、家電量販店などで試してみるとその差がわかりやすいと思います。

また番組の予約ランキングがわかったり、特定のキーワードを登録しておくだけで自動で録画してくれる『おまかせ・まる録』など録画を簡単に行なえる機能が揃っているところがソニー製品をおススメするところです。

まとめ

各メーカー便利な機能を搭載しているため、結果どこにすれば良いか迷うかもしれません。

管理人はテレビが東芝ということもありDVDレコーダ-時代から東芝を愛用してきました。

ブルーレイレコーダーとテレビを一緒のメーカーにすることで、さらに便利な機能もありますのでライフスタイルに合わせ検討をしてみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク