白物家電と黒物家電の違いとは?

はじめまして管理人のトシです。

今回は白物家電や黒物家電についてよく耳にする言葉だけど何のことかわからない!

そんな方にわかりやすく、なるほどとなる内容をお届けしたいと思います。

白物家電とは?

雑誌とかメディアで白物家電と言う言葉をよく耳にします。

どんなものが白物家電?と思った方も少なくはないはずです。

管理人も最初は何が白物?と思いましたが、いたって単純明快なものでなるほどと思いました。

電化製品が家庭に普及し始めたころ、見た目に白い物が多かった事から『白物家電』と呼ばれるようになった言われています。

一般的に家事家電や生活家電とも言われていますが、家事家電には冷蔵庫や洗濯機、炊飯器、電子レンジ等が挙げられ、生活家電ではエアコンや掃除機、空気清浄器等がそれに当てはまります。

皆さんのイメージや実際に使用している家電製品も白い物が多いのではないでしょうか。

ではなぜ白いのか?

色々と意味はあるようですが白色は清潔感が出しやすかったとも言われています。

近年は白色に限らず、顧客のニーズに合わせ、多彩でデザイン性の高い物も人気となっており、お気に入りの色やデザインで自分に合った物が手に入るようになったのではないかと思います。

さて次は黒物家電についてお話をいたします。

黒物家電とは?

家電製品の中でも趣味や娯楽などの分野で用いられている、テレビやスピーカー、レコーダー、デジタルカメラ等製品の総称を言います。

言葉の由来ですが、発売当時のテレビは木目調が主流でしたが、ある時代から黒色へ変わっていったことから『黒物家電』呼ばれるようになったと言われています。

白物家電の説明から、黒物家電はある程度想像がついたのではないでしょうか。お家にあるものを見て頂ければと納得するかと思います。

もう一つの豆知識として、黒物家電の言葉の方が白物家電より先に生まれた言葉なのです。管理人もこの事実を知ったのはかなり後の事でした。

黒物家電と言う言葉が登場してから、しばらくして白物家電の言葉が登場しています。

なぜ黒物家電と言う言葉になじみがないのか?

皆さんも家電量販店に言った経験があるかと思いますが、店内は明るいイメージがあり、黒物家電より白物家電の方が印象が強いため、白物家電の言葉の方が一般的になったのでないかと言われています。

まとめ

白物家電と黒物家電についてお話ししましたが理解が深まったのではないでしょうか。

実際に言葉として使う場面は少ないと思いますが、一つの知識として頭に入れておくと周りの人たちに聞かれた際、何気なくスゴイ!と思われるかもしれません(笑)

白物家電の中でも触れましたが、近年はデザイン性であったり高級志向、ロボット機能など顧客のニーズに合わせた物が売れる時代に変わりつつあります。

黒色の炊飯器だったり、赤色のオーブンレンジなどは当たり前で、白色や黒色の区別が曖昧になってきているのがわかります。

白物家電と黒物家電と言う言葉は、近い将来、耳にすることがなくなるのではないかと管理人は思っています。

もし家電量販店に行く機会があれば、どんな色があるのかを気にしてみるとまた違った見方ができるかもしれません。

最後に、これから家電製品を購入するという予定があるのであれば、実物を見てから購入をすることをおススメいたします。

ネットで見て気に入り、購入してみたらイメージと違ったという経験はないでしょうか?

管理人も少なからず苦い過去があるため、高額な物は後悔をしないためにも実物を見て触って、機能を確かめてから購入をしています。

家電製品はどんどん新しい物が発売されるため、買い時が難しいと言われていますが、自分が良いと思った物を購入すれば後悔もありませんので、しっかりと実物を見てから購入を検討していきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク