ジェネリック家電はどんな家電?取扱いメーカーはどこ?

みなさんジェネリック家電という存在を知っているでしょうか。

ジェネリック家電は知らないけど、ジェネリック医薬品なら知っているという人がほとんどではないかと思います。

まずジェネリック医薬品について説明します。

新しい薬を作る際には開発費用が掛かってしまうため、特許が切れた後に有効性や安全性が認められた同じ成分で作るため、開発費用が掛からず、低価格で提供できる医薬品をジェネリック医薬品と言います。

ではジェネリック医薬品がわかった所でジェネリック家電を説明していきます。

ジェネリック家電とは?

ジェネリック医薬品の言葉をもじったものをジェネリック家電と呼んでいます。

何が違うのか?

ジェネリック医薬品は特許が切れた後に同じ成分の物を使用し作っていますが、ジェネリック家電では特許は関係なく、大手メーカーと同じ部品を使い安く作っているというところだけとなります。

どういうことか?

ご存知の通り家電のサイクルは早いため、次々と新しい商品が開発され販売されています。

そのため大手家電メーカーは、一世代前の部品をジェネリック家電メーカーへ安く売却します。

ジェネリック家電メーカーは手に入れた部品で作っているため安く商品が作る事が出来ます。

では同じ機能の製品で作られた同じ物をみなさんは購入するでしょうか?

大手家電メーカーと違いブランド力が劣るため、購入する人は少ないでしょう。

そこで付加価値をつけるため、家電ごとにあまり使われていない機能をつけず、コストを削減することで、さらに低価格の製品を提供しています。

品質の高いメーカーの部品を使用し、シンプル且つ安価な製品を『ジェネリック家電』といいます。

近年ジェネリック家電メーカーは徐々に浸透しつつあり、大手家電メーカー製品の機能をあまり活用しない人向けに人気を誇り顧客を獲得しています。

ジェネリック家電メーカー

気になるジェネリック家電メーカーと販売商品を紹介していきましょう。

紹介するメーカーの名前を知っている方も多いのではないかと思います。

アイリスオーヤマ

宮城県仙台市青葉区に本社を置く家庭用プラスティック製品の製造販売の業界国内大手で、

赤いハートマーク柄がトレードマークとなっています。

家電業界には2005年から本格参入し、キッチン家電から生活家電まで幅広く取り扱っており、非常に低価格で商品を提供しており特にLED照明は有名です。

山善(YAMAZEN)

大阪府大阪市西区に本社を置く大手専門商社です。

家電製品は『YAMAZEN』のロゴとなっており、特に扇風機の取り扱いが多くお客さまの声を活かした製品づくりで人気があり有名です。

低価格ながら良品が揃っていますので家電量販店で一度探してみてはどうでしょうか。

ツインバード工業

新潟県燕市に本社を置き、主に家電製品を製造しアイデア家電を開発するメーカーです。

コスパに優れており、またデザイン性も高く一人暮らしの強い味方となっています。

特に掃除機ではコスパの良いツインバードは検討する余地が高いでしょう。

オリオン電気株式会社

福井県越前市に本社を置く日本の電機メーカーであり、オーディオ・ビジュアル機器、LED照明機器を主に取り扱っています。

家電製品では『ORION』のロゴで表記されており、テレビの取り扱いが多くコスパの良い商品が揃っています。

船井電機

大阪府大東市に本社を置き、主にAV機器を中心に製造・販売を行っているメーカーです。

電化製品では『FUNAI』のロゴで表記されており、北米市場では人気がありテレビの知名度が高い事で知られています。

現在はヤマダ電機で独占的に販売がされています。

まとめ

主要メーカーを紹介してきましたが皆さんの知っているメーカーはあったでしょうか?

家電量販店に行くと少なからず製品が置いてありますが、どちらかというとホームセンターなど、コスパで選ぶ市場に置いていることが多いため、気にして見てみるとまた違った価値観が生まれるかもしれません。

他にもジェネリック家電メーカーは多数ありますので、購入予定がある場合には一度検討してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク