掃除機メーカーと特徴について

掃除機を選ぶ際に色々と悩むことが多いのではないでしょうか。

キャニスタータイプが良いのか、それともスティックタイプの方が便利なのか?

どこのメーカーが良いのかわからないという人に向け、主要メーカー別の特徴を紹介したいと思います。

メーカーは色々とありますが、メーカーごとに売りとしている機能がありますので自分に合った掃除機を見つけましょう。

掃除機メーカーと特徴について

家電量販店にずらりと並んでいる掃除機、デモ機が必ず置いてあるので悩む時間も少なく納得して購入できるはずです。

今回は主要メーカー4社についてスティックタイプに絞って紹介していきます。

  • ダイソン
  • シャープ
  • 東芝
  • 日立

ダイソン

今や知らない人はいないのではと思うくらい有名メーカーのダイソン、最近ではキャニスタータイプよりもスティックタイプの方が人気があり定着している感じがします。

吸引力で言えば国内メーカーと比較してもずば抜けています。

出始めのダイソンは吸引力はスゴいが運転音がうるさいイメージでしたが、最近の製品は運転音が50%も低減されており、サイクロン式の先駆者であるダイソンも精錬されています。

掃除機のヘッドは『パワーヘッド』を採用しており、床に吸い付くためスイスイと掃除ができません。

管理人の会社にもキャニスタータイプが有りますが、やはり慣れていないためヘッドが重たく感じられました。

とにかくゴミを根こそぎ吸い取りたい人は、吸引力を重視したダイソンをおすすめします。

シャープ

シャープと言えば日本で初めてサイクロン掃除機を発売したメーカーです。

サイクロン方式を搭載し遠心力でゴミと空気をしっかりと分離させます。またパワーアップした『プラズマクラスターイオン』搭載で部屋の空気が綺麗で清潔さを保ちます。

シャープのサイクロン掃除機はコードレスとなっており『自走式ヘッド』を搭載、自走式ヘッドとは掃除機のブラシが床面と接触すると自分で走っていくイメージです。

ヘッドを押していくのに力が要らずスイスイと掃除できるので疲れにくい所がポイントです。

しかもこのコードレス掃除機にはバッテリーが2個ついているため、他の掃除機と違い使用する時間が長く掃除ができるのもお得なポイントです。

サイクロン方式の強みである簡単にゴミを捨てることはできますが、ダストボックスを綺麗にしようと分解してしまうと組立てるのが大変なのが難点となります。

東芝

東芝から紹介するのは『トルネオVコードレス』です。

こだわりは静穏性の高さとサイクロン方式の『パーティカルトルネードシステム』です。あの有名なダイソンと同様のサイクロン式を採用しており、花粉や小さな塵を99%以上分離することが出来ます。

このシステムにより吸引力が持続するようサイクロン部のフィルターがついていないのが特徴です。

ダイソンは欲しいけど予算を押さえたいという人におすすめの掃除機です。

日立

日立の掃除機はヘッドが大きく性能も良いので女性に人気が高い製品となっています。

機能はシャープと同様に『自走式ヘッド』を搭載、ヘッドを押していくのに力が要らずスイスイと掃除できるので疲れにくい所がポイントです。

独自の『パワーブーストサイクロン』構造でゴミをしっかりと分離してくれます。

掃除機が自立出来るため収納時には立て掛けるなどの手間がないため嬉しい機能です。

まとめ

各メーカーの特徴は掴めたでしょうか?

それぞれ良いところがあり検討材料も多いですが、その中でも重要視する機能で決まるのではないでしょうか。

例えば掃除機が重たいと疲れるから軽い方が良い、バッテリーは長持ちするのが良い等があると思います。

家電量販店でデモ機を使い倒し、細かい機能までしっかりと確認し自分に合った製品を検討していきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク