4K、8Kテレビとは?

今回は4K、8Kテレビについて説明していきたいと思います。

家電量販店のテレビコーナーで『4K、8K』の表示を見かけたことは

ないでしょうか?

数字は分かるけど語尾の『K』がわからない、でもアピールするように表示しているから

重要だと思った方が多いのではないでしょうか。

4Kテレビとは?

4Kをイメージしやすい物で説明したいと思います。

重さのg(グラム)を1000倍するとkg(キログラム)になりますよね?

テレビにも同じように1000という単位を大きな単位『K』に変換し表示しています。

では数字の『4』は4000を意味しているのか?

画面の横(水平)画素数が3840のため『4K』と呼ばれています。

テレビの画素数を比較してみました。

  • ハイビジョンテレビ(地デジ)  1440×1080 ←主流
  • フルハイビジョンテレビ(ブルーレイ)1920×1080
  • 4Kテレビ           3840×2160

画素数を見ただけでも4Kテレビがスゴイことわかります。

フルハイビジョンテレビと比較しても2倍×2倍で4倍となります。

画素数が大きいと何が違うのか?

例えば、同じ大きさのテレビの場合、画素数が多い方は一つの画素数を

小さくして集結させなければ収まりません。

画素数が細かくなることで必然と映像は高画質となります。

8Kテレビとは?

8Kテレビの画素数は4Kと比べてどうなっているのかというと

  • 8Kテレビ  7680×4320

4Kテレビの2倍×2倍で4倍となっています。

どれくらい映像が綺麗か想像がつかないレベルではないでしょうか。

昨年シャープより世界初の8Kテレビを液晶パネルで発売していましたが、

サイズは70型で80万円前後しています。

液晶テレビや有機ELテレビにおける最新の機種には4Kを搭載していますので、主流となっているハイビジョンテレビとどれくらい差があるのか、家電量販店に足を運んでみて実際に比べてみてください。

4K・8Kはいつから放送開始するのか?

4K・8Kテレビは今より画質が良くなっただけと思っている方もいらっしゃると思いますが、そうではなく4K・8Kでの放送が今後始まる予定となっています。

ではいつから放送が開始されるのでしょうか?

2018年12月1日から実用放送に移行されますが、スカパーや一部インターネットサービスではすでに放送を開始しています。

4K・8KではBS・CS衛星放送のみとなり、しかも専用の受信機とアンテナが必要となります。

現在発売されている4K、4K対応テレビには衛星放送を受信する機能が搭載されていないため、新たに購入しなければいけないのです。

どういうことなのか?もう少し詳しく説明をしていきます。

実は衛星放送のみで地上デジタル放送では4K放送にはならないのです。

えっ?と思われた方は多いのではないでしょうか。

普段見ているチャンネルで見れないのであれば、4Kテレビを購入しても意味がない!

確かにその通りだと思いました。

ただ管理人の経験から、テレビは良い画質に見慣れてしまうと元の画質では満足できなくなります。

衛星放送を少なからず見る機会があれば、購入を検討するのもひとつの選択肢ですが、現在買替えを検討していて衛星放送は見ないと言うことであれば4Kでなくても良いかと思います。

4Kが普及することで、現在のフルハイビジョンテレビがさらに安く購入できるタイミングが来るかもしれません。

まとめ

2020年の東京オリンピックでは4K、8K放送が当たり前になっているはずなので、実用放送が開始されたあと、2019年以降が買い時ではないでしょうか。

4K・8Kで映像を見たい方は放送開始に合わせ、チューナー搭載モデルも登場する予定ですので、購入するのはそれからでも遅くはないでしょう。

総務省のホームページに4K・8Kの情報が詳しく掲載されていますので、時間があれば一度覗いてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク