液晶テレビと有機ELテレビの違いとは?

家電でも得意分野と不得意な分野がある管理人のトシです。

今回はテレビの種類についてお話ししたいと思います。

みなさんテレビを購入する際はどうやって決めているでしょうか?

最初から決まっていて購入する場合は別ですが、家電量販店にズラリと並んだテレビを前にいきなり『これ下さい』とはならないと思います。

各メーカーの特徴だったり、画面の大きさなど、店員さんに色々な聞いてから購入しているのではないでしょうか。

現在は液晶テレビが主流となっていますが、最近では有機ELテレビが頭角を現していますので違いを説明していきたいと思います。

液晶テレビとは?

液晶ディスプレイを使用したテレビのことを言います。

身近で液晶ディスプレイを使用しているものと言えば、パソコンやデジカメ、ビデオカメラなどをはじめ、携帯、スマホの画面はほとんどが液晶パネルです。

普段生活している中で液晶パネル以外のものを探す方が難しいのではないでしょうか。

液晶テレビは昔のブラウン管テレビと違い、設置する場所にあまり困らないことや重さが軽減され、持ち運べることを利点に薄型テレビとして普及をしてきました。

液晶テレビと言えばシャープを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか、アクオスの『亀山モデル』は有名ですよね。管理人が持っているテレビも実は亀山モデルです。

実際どのように映像を映し出しているか説明していきましょう。

出典:https://panasonic.jp/

わかりやすく言うと、液晶パネルとバックライトの間にある赤・青・緑のカラーフィルターに光を当てることで映像を映し出す技術を用いています。当初バックライトには蛍光管を使用してしましたが、現在は白色LEDが主流となっています。

では白色LEDの何が良いのか?

LEDは皆さんもご存じの通り、省電力活用できる点がメリットです。

白色LEDは発光効率がよく、また光量の調整が細かくでき、暗い場所での階調性も向上し従来よりも省電力で明るく表示ができます。

デメリットとして黒色の表現が難しく、また反応速度が遅いため早い映像では残像感が残る場合があります。実際にテレビで見ている分には気にならない程度だと管理人は感じます。

では次に、今後主流になりつつある有機ELを使用したテレビについて説明をしていきましょう。

有機ELテレビとは?

有機エレクトロ・ルミネッセンス(Electro Luminescence)の略語で、有機物を使用したカラーフィルター自体を発光させることで映像を映し出しています。

では、どれくらい薄いのか?管理人も有機ELパネルを最初に見たときは本当に驚きました。

どうやって映像を映し出しているか不思議に思ったくらいです。液晶テレビと違いバックライトを使用しないため、液晶テレビよりも薄く作ることができ、また重さも約10kgほど軽くなります。

出典:https://panasonic.jp/

一般的に液晶テレビは約5~7cmと言われていますが、有機ELテレビの場合は一番薄いところで、なんと1cm以下なんです。

家にある定規で1cmを測ってみてください、どれくらい凄いかがわかると思います。

さて、有機ELテレビのもうひとつ優れている点について挙げていきます。

有機ELパネルは1画素ごとに明るさを表現できるため、黒色の表現力は素晴らしい物があります。

実際に家電量販店では液晶テレビと有機ELテレビが並んでいますので、色合いの比較する場合には非常に有効です。

時間があれば実際に家電量販店で液晶テレビと比較してみてはどうでしょうか。

まとめ

有機ELテレビは液晶テレビと比べると、価格はまだ高い状況にありますが、今後標準になっていくだろう有機ELテレビを管理人はおススメします。

次回は液晶テレビ、有機ELテレビの4K、8Kと呼ばれている情報についてお届けしたいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク