テレビの選び方のポイントは?

テレビを購入する際に一番気にするのは大きさではないでしょうか?

言わずとしても基本中の基本となります。

今より大きいサイズが欲しいと思っていても、部屋の大きさや設置する場所によってはマッチングしないこともあります。

部屋に合わせたサイズを選ぶことでテレビを見る環境が良くなりますので参考にして下さい。

部屋に適した視聴距離とは?

視聴距離というと何か大袈裟な感じがするかもしれませんが、知っていると非常に有効な情報となります。

テレビに近づいて画面を見てみると粗くざらついた感じで見えるのがわかると思います。

そのざらつきがわからない一番近い距離を現した数値が『視聴距離』となります。

言い方を替えると、テレビがもっとも綺麗に見られる最適な距離ということです。

またテレビのサイズ・種類によってその距離は変わります。

一般的に画面の高さが基準といわれており、フルハイビジョンテレビの場合、高さ×3倍が

理想的であり、4Kテレビの場合は高さ×1.5倍が視聴距離となります。

例えば、高さが60cmのテレビでは、フルハイビジョンテレビで180cm(3m)、

4Kテレビであれば90cm(1.5m)と視聴距離が2倍も違ってきます。

必ずしもその距離で見なければならない数値ではありませんのでご注意ください。

部屋に合った最適なテレビサイズは?

視聴距離の知識を踏まえて部屋の大きさに合うサイズを紹介したいと思いますが、一つ注意しなければいけないのが各メーカによってテレビの寸法が異なりますので、以下に掲げるサイズはあくまでも参考目安としてご覧ください。

  • ~6畳まで  29~32型
  • 6畳~8畳  32~42型
  • 8~12畳  42~49型
  • 12畳以上  49型~

4Kであれば視聴距離が近いため大きいサイズを購入することも可能ですが、テレビを設置する場所や視聴する場所によっては圧迫感が出たり、部屋のバランスが崩れてしまいます。

部屋の間取りを見て、しっかりイメージしてから購入サイズを検討してみてください。

テレビを見る最適な高さは?

テレビを見るスタイルは人それぞれです。

ソファーに座って見る場合もあれば床に座って見る場合もあるかと思いますが、推奨する最適な高さがありますので参考にしてください。

推奨されているのはテレビの中心を見たとき、少し目線が低くなる高さと言われています。

なぜ?と思われた方も多いでしょう。

これにはちゃんとした理由があり、人の目線は自然と水平よりも少し下を向いていると言われているためです。

管理人もこの情報を見たとき確かにそうかも!と思いました。

では普段見ている目線の高さと、その高さに合ったテレビボードは何cmが良いのか?

  • 床に座って見る目線の高さ ・・・・約80cm  テレビボード約40cm
  • ソファに座って見る目線の高さ・・・約110cm テレビボード約40~60cm
  • 椅子に座って見る目線の高さ・・・・約120cm テレビボード約40~60cm

これらの情報も身長で高さが変わりますので、あくまでも参考目安としてください。

壁掛けにする場合にも参考になるのではないかと思います。

まとめ

テレビを選ぶときの基本情報を紹介してきましたが参考になったでしょうか?

家電量販店に行く際には、実際にメジャーで測ってみるのも良いかと思います。

最後に、購入欲が先走ってしまい忘れがちとなってしまう一番重要なポイントがあります。

購入後に気づく最大の落とし穴・・・それは電気代です。

テレビのサイズが大きくなれば電気代も高く、またフルハイビジョンテレビより4Kテレビ、4K液晶テレビより4K有機ELテレビ、と性能が良いほど電気代が高くなります。

電気代は毎月払わなければいけませんので、財布事情も十分考慮して選んでいきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク